FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マニカルニカー・ガート」     宮田 京之亮

「マニカルニカー・ガート」
                    宮田 京之亮


十五分に一体の割合
亡くなった人々の遺体が運ばれて来る
ガンジスに浮かぶ遺骸の灰汁と花輪の中
飲み捨てられたペットボトルも浮かんでいる
黒々とした煤煙に燻されたガート
死を待つ者にだけ開かれた漆黒の河岸で
次々と火の粉を上げて焚き上がる最期の炎

焼け落ちて灰となる肋骨の白
ガクンと剥がれ落ちる女性の片足
眼前、肉体は粉となり
精神は再び、還って行く

すっかり燃え尽きた遺灰の上
消火の聖水がかけられる
ボンッ!と一瞬
灰と共に水蒸気は立ち昇り
その遺灰は、河へと還される

“「ヤージナヴァルキァどの
万物は死の食物でありますが、
死を食物にするような神というのは
何方ですか?」

「死とは火神のことです。
そして火は水の食物です。
かように知る者は
再死を撃攘することができるのです。」”

その一部始終を
足を折って尻尾を振りながら
聖なる牛たちが
ただ穏やかな視線で見守っている

一方、火葬する事の出来ない貧者
あるいは、
修行者と子供の遺骸だけは
橙色の布に包まれたまま
身内二人の男によって
一メートルほどの重石を結わい付けられる

私がさっきまで乗っていた石は
死者と共に連れ立って
舟は沖へと漕ぎ出され
家族が最後の別れに一礼する

本当に
旅立って行く
今生の別れである

瞬く間に
遺骸は河の奥深い所へ還り
舟上の男が
最後の一礼をして
岸へと折り返す

宿への帰り道
おしゃべりなサイクルリクシャーの運転手が
車輪を漕ぎ漕ぎ、身の上を語る
村では、一日三十ルピーしか稼げない
だからバラナシへ出て来たと

「サー(旦那)、このリクシャーは
ボスから一日七十ルピーで借りとるでな。
子供は、五人おるよ!」 

“『生物は生命が去れば死ぬ。
しかし、生命が死ぬのではない』

ウッダーラカ・アールニはまたある時、
息子のシヴェータケートゥに
こう言って伝えたと言う”

        ※引用文は、
       『ウパニシャッド
          佐保田鶴治訳』より




京浜詩派 第219号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

横浜駅の時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

99位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。