スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰りたいが   きみ あきら

家に帰りたいが   きみ あきら

腕時計は 机から転げ落ちたのだろう
泥まみれになっていた
午後三時五九分を指して止まっている
六年前の三月十一日 津波に襲われた時刻だ

避難解除が決まった翌日 町に戻って見る
家は傾き どの壁も亀裂がひどく入り ぶざまだ
テレビ・洗濯機・冷蔵庫が横倒しになり
食べ物とネズミやハクビシンの糞で黴臭い
建て直しか 咄嗟に心身が堅く
冷水を浴びたようであった

道路は復興されたが
日々の食材に必須のスーパーは潰れたまま
病院の再開は難しいという
帰る準備希望の町民は五七〇人で人口の三%以下
これでは地域での暮らしが成り立たない

放射能汚染も気にかかる
持参した線量計で測ってみる
毎時0・24㍃シーベルトを示すではないか
雨水の溜まった所では5・0以上ある
正常値範囲地域の三倍近くから百倍を越えている
これで除染は済んだと言えるのか
依然と高く 帰れる数値ではない

妻と二人の子ども
帰宅を楽しみにしているが
重なった悪条件を話さねばならないか
仮設住宅への帰り
政府への怒りが俄かにこみあげて来る

さらに此の上 町民への避難解除は
賠償や支援の打ち切りとセットのようだ
長く悲惨な生活を強いられ
苦しみのどん底であえいでいる人々を尻目に
思わく付きの計画をくだす政府

町民不在の行政措置
政治への不信感と憎悪がつのるばかりだ




家に帰りたいが   きみ あきら 京浜詩派 第218号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

横浜駅の時計
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

93位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。