FC2ブログ

ハノイ  宮田 京之亮

ハノイ  宮田 京之亮


この街はいつも
煮詰まった単車で溢れ返ったフォーのよう
唐辛子のように紅い布地に星ひとつ
べっとりとベトナム国旗垂れ下がる
細い路地裏の朝でさえも
騒音の群れは果敢に煮詰まって行く
白いアオザイの少女たち
湯気のように笑いたゆたい
辺り一面に立ち込めたかと思うと
海月のようなノンラー 放り投げ
一人一人と、沈黙の海原へと消えて行った

解放戦線、南ベトナム、山岳少数民族
みな田んぼの泥を這うように煮詰められ
湯に飛び込んだ羽虫のように殺されて行った
夕空、畦に刻まれた「自由」
突進する水牛の群れ


水面に滲じむ血液
「支援」国家たちのドミノ遊び


*フォーは、ベトナムの米粉で作った平たい麺
*ノンラーは、ラタニアの葉で作った円錐形の帽子

 

ハノイ  宮田 京之亮  京浜詩派 第218号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

横浜駅の時計
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

101位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム