FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤線地帯   まえだ 豊  -京浜詩派 第218号より

赤線地帯   まえだ 豊

僕の家は 追浜からも船越からも
その途中に面してる
横須賀の方に出掛ける時には
必ず船越の方に行き 目的地に向う
少しばかり急な坂もあるが 坂があっても
その方が電車賃もバス代も 幾らか安く行ける
船越まで行く途中に 今はないが
皆ヶ作と読まれていた地域があり
六〇年くらい前までは 赤線があり
とっても栄えて 賑わっていた
毎晩のように あちこちに女性が立ち
呼び込みをしていた
僕は その頃はまだ幼かったから
何にも判らなかった
おふくろの下の弟が 結婚していたが
結婚生活がうまくいかなくて 毎晩のように
赤線地帯に入り浸りを続けていた
義理の私の父が よく見つけて連れ帰っていた
連れて帰っても またすぐに入り浸っていた
女房よりも 優しく可愛いがってくれるから

でもそのことが 二年ばかり続いたが
ようやく 目が覚めたみたいに
赤線地帯に通うのを止めてしまった
その二年後(一九五八年)には売春防止法が出来た
赤線にいた女性たちは 何処へ行ったのか
知る訳がなく みな姿が消えた

六〇年経った今日 
この地域に赤線があったこと
そしてこの辺りを皆ヶ作と
読ませていたことも
知る人は少なくなった

仮に今 赤線があったなら
僕もきっと伯父さんのように
毎晩のように通っていることと思いつつ
その街並みを通り過ぎているのだ


京浜詩派 第218号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

横浜駅の時計
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

99位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。