fc2ブログ

大地を継ぐ  磐城 葦彦(京浜詩は217号より)

大地を継ぐ  磐城 葦彦


福島第一原発が爆発し
周辺の農地は すべて出荷停止されたが
あれから五年余経ったいまも
まだ風評被害はやまない

安全な農作物を 長いこと
作りつづけてきた人が
畑のなかの木で 首をつって命を絶ったのを
どうして忘れられようか

有機農業のためにこしらえた腐葉土も
汚染されてしまったから
作物の 出回っていく先も失われてしまい
福島産だから 買わないと伝えられた

あのときのくやしさを
どうしていくか

ウラン鉱山の歴史を思いながら
ふるいたっていく勇気

食いたくない 食えないから
次から次へと 広がっていく言葉のむこう
大地は 小さくしぼんでしまうが
いつまでも 翻弄されてはたまらない

この現実にどこまでも肉薄し
立ち上がっていくひとたち
沈黙してはいられない
愛し 育ててきた大地を 目の前に

なにかを 伝えたい
希望の大地が まだ あるのを
受け継いでいくのを みつめなおしたい
ここに 存在しているのを

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

58位
アクセスランキングを見る>>