スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友よ 門倉 靖司 京浜詩派 第218号より

友よ 門倉 靖司

またひとり 逝ってしまった
俺たちは
あの世に行っても一緒だと
いい お墓があって良かったと
喜んで いつもあんなに 元気だったのに
そんなに 急ぐことはなかったのに
なんの あいさつもなく
あいつは 逝ってしまった

ずっと ずっと 何年も
本当に 苦労してきたよね
高齢者を
これでもか これでもか と
いじめてきた やつらにむかって
いつも 怒りをもやして
そして 明るく
なにくそ!と ふんばってきた
それは 俺たち みんなを 励ましてきた

もう再び
あなたは 起きることはないが
いま 良い時代になってきたよ
野党がひとつになって
多くの市民が力を合わせれば
新しい政治をつくることができる
いままで こんなことが起きるなんて
俺たちには 考えられなかったが
わくわくするような
連合政治が見えるとこにきたんだよ

新しい扉をあける時まで
いっしょに固くスクラム組んで
歩きたかったよね
でも 先に行った仲間たちと
あの世でおおいに楽しみながら
俺たちの行く先を見守って いてほしい

年金者組合神奈川県本部 春の墓前祭に寄せて    



友よ 門倉 靖司 京浜詩派 第218号より
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

新たな歴史を   門倉 靖司

新たな歴史を   門倉 靖司


みんなが頑張ったから
情勢を切り開くことができた
そこに自信をもって
これからも歩いて行こうよ

世の中を変えようと思って
党に入ったんだから
喜びを共に感じようよ

新しい時代を開いた力
それは市民の運動と
党の躍進
八年後 党は創立
一〇〇周年をむかえる
健康で長生きして
一〇〇周年の時にも
現役で頑張れるよう

目の前や身の周りには
困難はあるが
日々の活動は宝物
ここに政治を変える力がある

だから大きな夢をもって
生きて行こうよ
頑張ればきっとまた前に進む
新たな歴史をつくることができる
今年が その一年に
なるように 元気で歩いて行こうよ


京浜詩派 217号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

一番アツイ日   門倉 靖司(京浜詩派216号より)

一番アツイ日       門倉 靖司           

今日は一番アツイ日となった
梅雨明けはまだ先のようだが
三十度を超す暑さが連日続く 
国会を中心にして日本列島が
主権者を無視しての戦争法案
強行採決の暴挙に怒りが高まる

神奈川では二五五人が原告となり
年金の引き下げは許さないと
横浜地裁に提訴
年金は生きるための権利
大衆的裁判へ
弁護団長と原告団長のアツイ訴え

年金削減も戦争法案も憲法違反
生存権も財産権も基本的人権も
奪われてなるものか

今日が一番アツイ日だが
明日からもアツイ日は続く
平和で生きるために

二〇一五年七月一五日 年金削減違憲提訴日 
原告 門倉靖司

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

横浜駅の時計
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

99位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。