fc2ブログ

小さな村を襲った戦争     いだ・むつつぎ 

小さな村を襲った戦争     いだ・むつつぎ 


村は立てつづけに戦死公報が入る
離れた所の五郎さん、五軒隣りの義男さん
しばらくし我が家の長男・久雄の戦死
おふくろが涙を流し、つらいのうと言った
その日の夜更け、どこからともなくB29の爆音
村は国鉄の鉄橋があるため、いつも危険地帯
その後、村の鉄橋は艦砲射撃の標的に
必勝の現人神(天皇)にすがるしかない
最後は神風(超巨大台風)で敵艦を次つぎ撃破
そう信じた村の衆は貧乏しても黙々と働いた
お米は一俵少なくてもダメ、お国へ供出だ
いつも供出を監視したのは村の駐在

村の衆の頭を大混乱させた八月十五日
現人神の天皇、自らラジオで無条件降伏を話す
白旗かかげた神様、天皇の姿を知った
村の衆は一日中、不安で不安でたまらない
大人だけでなく子どもまで半ば放心状態
これからどう生きるか何も分からん

おやじは息子の戦死を考えるヒマがない
隣り町に米軍が大挙して進駐してきた
村の道は機関銃を備えたジープが走り
小銃で武装した米兵たちが家の近くまで行進
村の若い衆は米兵見たさに生垣から覗く
一人がケトウは鬼でもなく人間じゃと叫ぶ


*太平洋戦争、日本の為政者 米兵の人たちをケトウ、鬼畜と呼び国民を無謀な戦争へ駆り立てた。私もだまされた。


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

ヤマト至上主義     洲史

ヤマト至上主義     洲史


ヤマトタケルが
女装してクマソを退治する話は
小学生のぼくには おもしろかった
草薙の剣で 草原を刈り 火を逃れ
逆襲する話は 血を沸き立たせた
秋の草原で試してみようかと思ったが 
小学生のぼくには 火は扱い切れず 止めた

南にハヤト クマソを討ち
北にエミシを従わせた 
史実とも伝説とも思える話を伝える
この小さな国

わが祖先はイクサを避け 
日本海がわずかに望める山奥に
身をひそめて暮らしたと伝わる
畑を耕し 田をつくり 炭を焼き 

わらびを干し 栗を拾い 雪に耐え
たまに行商が運ぶ魚を米で買い
そんな日々を喜びとして 過ごしたのだろう

わが祖先は 
ヤマトの威光を知らしめすために
剣を手にしたとは思えない
むしろ辺境の民として
ヤマトのサムライに 逆らいもせずに
すぐに膝を屈したのではなかったか

ヤマトタケルに連なる万世一系と自称する天皇の下
朝鮮や中国などへの侵略の戦争が引き起こされた
ぼくの集落では 
何人もが軍隊に駆り出され
帰って来なかった

「先の戦争は やむを得ないもので正しかった」
「教育勅語は現在でも通用する真理」
「日本は万世一系の天皇を持つ世界にまれな国」
「日本人は優秀だ ヤマト民族は優れている」
侵略戦争の記憶が薄れるなか
声高に叫ぶ者たちがいる

ヤマト魂 サムライジャパン
そんな言葉もあふれている

ぼくは それらにヤマト至上主義と名づける
自らの優秀さを誇示する時
優秀でないものへの排除の論理が潜んでいる
ぼくは ヤマト至上主義に反対する

帰ってこなかった人たちを悼むことは
先の戦争を正当化することではない
過ちを過ちとして直視することだ

*アメリカ合衆国での白人至上主義に反対する運動の報道に接して



京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

下げ荷待ち     宮田 京之亮

下げ荷待ち     宮田 京之亮


標高二四五〇m
常念乗越(常念岳と横通岳の鞍部)
二〇一七年五月十三日 八時三十八分

「おめえは、将来何になるつもりだ」
下げ荷回収のヘリコプターを待つ間
鞍部の岩に寝転がったまま彼が言う
「ずっとここで、このまんまか」
空は、槍・穂高連峰の稜線を
くっきりと映し出している
「ここにいても、何にも身に付かねえぞ。
写真が出来るとか、絵が描けるとか。
何か持ってねえとな」
上高地のヘリポートから
彼のケータイ電話にヘリ離陸の知らせ
「やっと来るだか。

小まめにデンワ寄越せばいいだに」
よく晴れた鞍部に
もっこに包まれている下げ荷は
小屋の表玄関に置いていた
空のドラム缶とプロパンガス
ひと冬雪に埋もれてこの高山で過ごし
彼らもやっとヘリで下界へ


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

やくざ   きみ あきら   

やくざ   きみ あきら                         

胴元 親分 そろそろですね
親分 天候もいつになく荒れ放題 一六勝負といくか
ゼネコン 待ってました!
都銀 手ぐすね引いてね
親分 約束の臨時国会が迫ったな  
    誰だね 涎がたれてるぞ(笑い)
ゼネコン (都銀と声を揃えて)質問にはご丁寧に
親分 皮肉るじゃないよ 君たちの為じゃないか
都銀 ハイハイ パーテイー券・献金 お望み通りに   
親分 はっきり言ってくれるね(こぞって笑う)
    政治のスゴロク 采の振り方ちと工夫しないとな
胴元 お任せいたしやす
親分 世界最高水準の規制とかクリーンなカジノ…
ゼネコン …って、国会で言っていましたね
親分 つい口が滑ってしまってな まずかったかな
ゼネコン 厡発再稼働で使ったお言葉ですよ   
親分 カジノは公益を害するから刑法で禁じとる
   そこで国富につながる「新しい公益」などと
苦しまぎれの 分からん用語をデッチあげた
   これもすべて胴元 君ら民間業者の為だぞ
胴元 有難いことで… (深々と頭を下げる)
   クリーンでないこと承知してやす規制は程々に
   都銀 ギャンブル依存症って 困った奴が
ゼネコン 全くだ 巨大な石が行く手を邪魔してます 
親分 子分どもに脇道を探させておる
   なにしろ 世界で依存症が一番多いのが日本だ
   失業 破産 家庭崩壊 犯罪誘発 果ては自殺と
パチンコ パチスロがその九割だから すごいよ
   カジノは大がかりな丁半のトバク 
   一か八かの大勝負 それだけに被害も大きいな
胴元 親分 それを言っちやいけませんや
親分 君たちには苦労させられる 国会には一考を案   
   じ収益から必要対策費を出させますとな 確約した 
都銀 マッチポンプですね
親分 仕方がないさ

  註―親分…政府のカジノ推進本部長(首相)


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩の朗読・催し
ジャンル : 小説・文学

体験談   須田 嘉文

体験談   須田 嘉文


「規制の必要はない
守るためには銃が必要」

銃を所有するのは権利
その権利を奪うのは間違い
銃規制に反対している
一人のギタリスト

ラスベガスのカントリー音楽祭 
銃乱射事件が発生
五八名以上の死者
五〇〇名以上の負傷者
凄惨な 大惨事の場
銃声が鳴り止まない状況下
多くの人は 身動きが取れず
無事のまま 鳴り止むのを願っていた
ギタリストも 被害者の一人

事件後 無事だったギタリストが
メッセージを出した

「私は 事件を体験するまで
銃を所有する権利を支持してきた
それがどれだけ間違っていたか
言い表せないほどだ
銃をめぐる現状が
完全に 手に負えなくなっていることに
この経験ではっきりと気付いた
今すぐ銃規制が必要だ 」

武器で守ることの矛盾
音楽とともに 平和への一歩を
世界に発信してほしい


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

群青の海    磐城 葦彦

群青の海 磐城 葦彦


ざわわ ざわわ ざわわ
風が 次第に 強くなってきた
ざわざわ ざわざわ と
森山良子の歌声が わたしの耳もとで
高鳴っている

ここは 沖縄
わたしにとって大事な友人の島
亡くなられてから 数年になるというのに
いつまでも 忘れられない

彼は 平和を求めては 基地に反対し
たたかいのなかで倒れたが
その気持ちは わたしのなかで同化し
燃え上がっていく炎は変わらない

あの日 鉄の鳥たちが 鉄の魚たちが
数え切れないほどの数でやってきた
鉄のかたまりで 島は冒された
いまだに そのかたまりは 島のあちこちに
存在してはひとびとをおびやかしている

鉄は熱く焼けただれた大地を
これでもか これでもか と 焦土と化し
ついには 鉄条網で囲っては 
島をじゅうりんした

美しかったジュゴンのすみかはいずこか
熱帯魚で満ちていたサンゴ礁の森はいずこか

ざわざわ ざわざわ ざわわ
サトウキビ畑をわたっていく風よ
風は すべてを 知っている

わたしは クロザトウをなめながら
群青の海を眺めてはつぶやく
わたしも風になりたい と
天高く渡って行きたい と 



京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

迎え火の奮闘記   まえだ 豊

迎え火の奮闘記   まえだ 豊


今年もまた 盆がやってきた
迎え火を焚く 我が家の場合
毎年 朝起きたら 真っ先に焚くのが
我が家の 流儀になっている
送り火のときにも
朝のうちに火を焚き 祖先を送る
明るい際に 来てもらい
明るいときに 帰ってもらう
その方が良いから 毎年そうしている

今年もまた いつものように早く起きて
すぐ 迎え火を焚こうと思い
玄関の前に出て 焚こうとするが
手が自由に 利かないボクには
何回マッチを擦っても 火がつかない 
ついても すぐに風で消えてしまい
なかなか燃えつかない
よく「マッチ一本火事の下」と言うが
こんな時は なかなか火がつかない
困ってしまう
今度こそと 意気込んで火をつけると
またすぐに 消えてしまう
心の中は もうイライラ・・・
火のように燃えてくるが 火はつかない
繰り返し 再々挑戦にするが
またやはり駄目 失敗だ
マッチの軸 折れ曲がった棒だけが
あちらこちらに 散らかっている

新聞配達の友人が 運良くやつてきた
彼に つけてもらって
やっと我が家に 迎え火が点灯した
それにしても マッチという奴は
なかなか 火がつかないもんだ
しみじみ思う
今度 送り火をするときは
いっぺんに すぐつくように
新たしいマッチを 買って来よう


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

親分           ゆあさ 京子

親分           ゆあさ 京子


その人を親分と呼んでいる
最初に仕事をあてがってくれたからだ

「早くやってよ」
「これでも一生懸命やっているんだよ!」
強い口調で言い返す私に
何も言わずに立ち去った

四月だろうか
散策したり、飲んだり
九月
鬼太郎さんに
また皆んなに会いたいとメールした

そうだね
あらなみさんも元気になったし
 えっ、病気だったんだ?

詩誌が送られてきて
あのあと
まもなく
患ったようだ

連絡はしない
会ってつもる話を
ねほりはほり


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

東柱(どんじゅ)      荒波 剛

東柱(どんじゅ)          荒波 剛

或る勉強会の講義終了後の自己紹介
もう二十年近くも前だ
会場は北海道小樽市
その人の名を聞いた時
朝鮮の人かと思った
「ユン……と申します」
私も多くの知人 友人が属する民族の名で
その女性は
心持ち顔を挙げて話し始めた
「皆さんはユン・ドンジュをご存知ですか?
 最近日本語訳で詩集が出版されたばかり *
 著者は日本で獄死した韓国の詩人です
 紹介してくれた友人と その作品を読み
 その日に彼の氏を 私の筆名にしました」

ドンジュってどんな詩人だろう
後日 手に取ったその詩集には
地底深く流れる岩清水にも似た
甘美で清冽な言葉の数々が鏤められていた
十七歳で詩を書き始めた頃 首都ソウルへ遊学

従弟の宗夢奎と二人 同室での寄宿生活
詩作に打込み「生涯詩人」を夢みた東柱と
文学賞を受賞しても
独立運動を優先する夢奎
二人の青年の思い描く道が
何れ合流する事を
権力の本能は悟ったのだろうか
日本遊学の為に受け入れた「創氏改名」に
二人を同類と見做し探索を強める特高警察

かつて同じ文学に励んだ同士の従兄弟二人
闘士は詩人である友に
自重を呼びかけるが
ドンジュは次の詩行をしたためた
〝夜を明かして鳴く虫は紛れもなく/
 恥ずかしい名を悲しんでいるのです…〟
詩人が級友達と遊んだ宇治川の河原で唄った
故郷の歌「アリラン」が
詩人の死を早めたか
二人が投獄された九州福岡刑務所で 
詩人は
己の思想の放棄と
運動への不参加を誓えとばかり
「誓約書」への署名を求められたが
=無言の回答=
ドンジュにこれ以外何があったろう

友人尹さんから伝えられたドンジュの詩は
地底深く震源に発した振動のように
微から動へと強まり 
暴虐の歴史を許さぬ声が
大陸東部の半島と 
そこに向き合う列島に住む
人々の胸に響き合い 
更に大きく広く……

  *尹東中詩集「空と風と星と詩」
金時鐘・訳(岩波文庫・12・10・16発行)



京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

あの戦争のころ・8  山下君の火葬   艀 参三

あの戦争のころ・8
山下君の火葬   艀 参三



「週番は何処に居る!」
ただならぬ 叫び声に
午睡を破られた わたしが立ち上がると
隣の作業小屋が騒然としている

「山下が 大火傷や」
「死ぬかもしれん」
人だかりの小屋に走り込むと
真っ黒な個体が運び出されようとしている

「ボイラーのペンキ塗りを
芝田とやってたのと違うんか」
「そのあと 汚れをベンジンで拭いていて」
「そこへいたずら好きの芝田が
マッチの火を近づけたんや」

私は持ち廻りの週番をしていた
こうした時の対処について
何も教えられていなかった が
級友がひとり 死にかけている

県庁所在地に近い この町には
大きな病院はなく
山下君は近所の町医者の処に
かつぎ込まれて
包帯でグルグル巻きにされたまま

「本人に生きる力があるかないか
それを待つより仕方ない」
医者の言葉を信じるしか
私達には再生の術がない

一週間たって
「この子の生命力は強い」と
医者は希望の灯をともしたが
福井の総合病院に転出となった
「漸く おかゆが食べられた」
交替で見舞いに行く学友から
そんな報告を受けて すぐ
敦賀から 姉さんが看病にやってきた

その次の週「敦賀」が空襲に遭った
小雨の降る夜で
六十㎞も離れた故郷の空が
まっ赤になって 燃え続けた

家を焼かれた者たちは
一週間の休暇を与えられ
帰省して 後片付けなどしていたが
工場へ戻る前夜 福井が大空襲

「山下はどうした?」
「姉さんと折り重なって真っ黒焦げや」
「あの空襲やもんな 逃げ場がないで」
「市街地は全滅や」

四斗樽に詰め込まれた姉弟が
工場のある春江に戻って来た
「午後 火葬にするから 燃えるもんを集めろ」
担任の声にはじかれて 皆が走り出す

火葬場は田圃の一隅
石の平台の上に屋根があるだけの
わびしい焼場
担任が経を唱え 十名足らずの学友が並ぶ

火が桶に廻ると
突然 バンと樽が裂けて
真っ黒な腕が突き出てくる
思わず「なむあみだぶつ」

「薪が足らんと違うか」
「仕方ないべや もう二回も焼けてるから」
「これで いいとするか」
山下君 許してくれや


京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

75位
アクセスランキングを見る>>