fc2ブログ

孤愁   佐々木 和善

孤愁   佐々木 和善


私より一〇歳上の 兄がいた
八月五日あの世に旅だった 享年七四
色々あっても 世間なみの暮らしをしていた
独り身になり 青梅に居たとき自転車で
北海道から九州へ あてもない旅に出た
なんで世間が嫌になったのか 判らない
むろん野宿であった

ほどなく長崎で発見され
警察のやっかいになった
愛知県の義兄の所に 電話があり
しばらく姉の夫の元で 厄介になっていたが
半年ぐらいたって 平塚に来てもらった
私もリストラにあい いい潮時と引き取った
五五歳で なんとか職探しに走り廻った
伊勢原の会社へ面接 兄は職にありつけた
ほっとしたある日 
自転車で転び打ち所が悪い
頭がおかしくなり 兄は職を失った
年金を もらえる年であった
なんとか暮らしていけると思い
ふるさとの宮城県へ 帰っていった

ほどなく グループホームへ入居
アルツハイマー病 と言われる
九年ぐらいは そこで厄介になり
特別養護老人ホームへ移った
自分がだれで どこにいるかも判らない
兄弟のことも判らない
食事をするのがやっと あとは寝ている
急に 病院に行くことになった
兄はもう長くはない と告げられ
兄は苦しまず 安らかな眠りについた

私も やっと自由になれる
男では 私ひとりになり
まさしく孤愁の身である



京浜詩派 第220号(2017.12)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

五月五日   佐々木 和善

五月五日   佐々木 和善


悪霊を追い払う こいのぼり
両岸の間に縄を張り 川の上を泳いでる
今日は こどもの日
一ノ宮 二ノ宮 三ノ宮など国府祭へ
金目観音では 川まで神輿をかついで
こいのぼりの下を せり出した
にぎやかな老人が 大団扇で
ヨイヤサァ ヨイヤサァ
若い衆が ヨイヤサァ ヨイヤサァ

岡崎の鈴川へ行くと
同じように 川の上にこいのぼり
ここも にぎやかに泳いでいる
模擬店も出て にぎわっている
親も子も笑い 
凧よ 天高く泳げ
健やかな子どもに育っていけ



「京浜詩派 第219号」(2017年9月発行)より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

別世界 佐々木和善 京浜詩派 第218号より

別世界     佐々木 和善


私は 昼行灯している
沖縄旅行で 石垣島にのぼせている

日溜りの冬に 太陽の光を受けて
生温かい風が 体にふれて
頭がへん
まるで長湯につかっているようだ

のぼせて 目が回る
目が 節穴になってしまった
風呂でキエーイと 水をかぶり
冷やしたが それでものぼせは収まらない

別世界に迷い込んだようで
たぶらかされている
欲もきえ 色気も忘れ
まったくどうしようもない


別世界 佐々木和善 京浜詩派 第218号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

岩泉の自然   佐々木 和善

岩泉の自然   佐々木 和善

森の木は 根をはり
水を もとめる
根の位置は だれも決められない
激しく降る雨
とてつもなく 降りつづく雨
沢をつくり
川へと 流れる生命の源

大雨のとき 川の流れは
人の思う通りに ならない
その位置も だれも決められない
ほんとうに 厳しい災害のとき
今までの川筋を 乗り越えていく
激しい雨が 降れば降るほど
濁流は 激流となり
奔放に 流れていく
水は 活きている



京浜詩派 217号より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

ブラックリスト   佐々木 和善(京浜詩派216号より)

ブラックリスト   佐々木 和善


何も書けない 黒い手帳 
銀行ローン カードローンの債務が
積み上がり ブラックリストになる
深刻な社会不安は 国会で取り上げられ
利息制限法の改正で 高い金利は禁止された 

一八七六年(明治九年)真土事件がおきた
大地主・名主でありながら勝手に
農民の田畑の名義を 自分名義に書き換えた 
怒った農民は もうがまんの限界
談合を重ね 十一月のある夜
一揆に立ち上がり 大地主の家を焼き討ち
そこにいた一家を全員殺害
火付・強盗は打ち首 厳しい法律の裁き 
県内の農民の同情が集まり 支援の輪が広がる
長い闘いの末 死を免れ 全員減刑
刑期を待たずに 娑婆に戻ることができた
この運動は 県内の自由民権運動の狼煙となった

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

奇跡の一本松

奇跡の一本松  佐々木和善  京浜詩派212号より

京浜詩派 第212号より   奇跡の一本松    佐々木和善

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

若葉/雨上がりのあと    佐々木 和善

若葉/雨上がりのあと   佐々木和義

若葉
雨上がりのあと    佐々木和善
   「京浜詩派 211号」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

早すぎる介護    佐々木 和善

早すぎる介護   佐々木和善

早すぎる介護  佐々木和善  「京浜詩派 210」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

82位
アクセスランキングを見る>>