大地を継ぐ  磐城 葦彦(京浜詩は217号より)

大地を継ぐ  磐城 葦彦


福島第一原発が爆発し
周辺の農地は すべて出荷停止されたが
あれから五年余経ったいまも
まだ風評被害はやまない

安全な農作物を 長いこと
作りつづけてきた人が
畑のなかの木で 首をつって命を絶ったのを
どうして忘れられようか

有機農業のためにこしらえた腐葉土も
汚染されてしまったから
作物の 出回っていく先も失われてしまい
福島産だから 買わないと伝えられた

あのときのくやしさを
どうしていくか

ウラン鉱山の歴史を思いながら
ふるいたっていく勇気

食いたくない 食えないから
次から次へと 広がっていく言葉のむこう
大地は 小さくしぼんでしまうが
いつまでも 翻弄されてはたまらない

この現実にどこまでも肉薄し
立ち上がっていくひとたち
沈黙してはいられない
愛し 育ててきた大地を 目の前に

なにかを 伝えたい
希望の大地が まだ あるのを
受け継いでいくのを みつめなおしたい
ここに 存在しているのを

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

無念の牛たち  磐城葦彦 (京浜詩派216号より)

無念の牛たち  磐城葦彦

あの声を 聞いたか
地の底を這う うめきを 聞いたか

いくつもの牛舎で
ばたばたと倒れていく牛たち

激しい揺れにも 耐えながら
地鳴りして襲ってきた力にも
怯まなかった牛たち

だが あれから
放射能汚染地域に放置された揚句
どこへも 避難できないまま
一気に 抹殺の対象とされてしまい
牛舎で 牧草地で
死にいそぐのを 拒んでは 狂気の沙汰
暴れまわって逃げようとしたが
逃げたのは にんげんたち

あたりは 一面の無人の荒野
生き残った牛たちは
生と死の境界で 遮られ
行く先を失い 見捨てられた 虜囚
立ち入り禁止の危険地帯のなかで
日が日を重ねるたびに
飼料もなく 飢えをしのごうと さすらい
やがて 衰弱したからだをよせあい
息の根を断ち 逝った

あの大地震から 五年
進化がもたらしたもののけの放射能
ものいわない牛たちの遺体はその証し
いまもいっこうに減らない放射能線量の濃度
いずれ にんげんも 冒されていくだろう

無念の牛たちの怨嗟の叫びが
葬送の鐘を鳴らそうと 風が運んでくるとき
その無念の連鎖が 増殖していく

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

戦争法案廃棄への思い  磐城 葦彦

戦争法案廃棄への思い 磐城 葦彦

戦争法案廃棄への思い    磐城 葦彦 「京浜詩派 211号」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

風の声  磐城葦彦

風の声 磐城葦彦
風の声 磐城葦彦 02

風の声 磐城 葦彦 「京浜詩派 210」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR