リビヤネコと暮らす   いだ・むつつぎ (京浜詩は217号より)

リビヤネコと暮らす   いだ・むつつぎ


孫娘がひろってきた子猫を預かる
六日、十日すぎても子猫の貰い手はない
そのまま我が家に居つきナツと名前がつく
女のナツは子どもが家にくるとフーッと威嚇
たぶん子どもたちにいじめられた仕返し
それから体の蚤で分かった、ナツはノラの子?
妻も私もカミつかれ、爪で引っ掻かれた

一年後、ナツは薄の裏山を風の如く疾走
ある日、シマヘビをくわえ庭に戻る
生きた獲物、私に早く見せようと帰ってきた
ナツは意気揚々、私は抱っこし頭をなでる
私はヘビに急いで逃げろと言ったがダメ
足元に横たわるヘビ、私はやさしくけとばす
気づいたヘビ、ゆっくりと草むらへ消えて行った


※五千年前、アフリカで野生猫を家畜化。その名はリビヤネコ。ナツは図鑑のリビヤネコと同じ。

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

村は戦場だった  いだ・むつつぎ(京浜詩派216号より)

村は戦場だった  いだ・むつつぎ


キーン、金属音ひびかせ村の上空に
やってきたのは米グラマン艦上戦闘機
その姿は獲物をねらう猛禽類そっくりだ
米B29爆撃機、国鉄天竜川の鉄橋をめがけ
爆弾攻撃、爆弾はそれ田畑で爆発
ぼくは友だちと線路の土手に伏せて助かる
凄い爆風で屋根や塀に被害がでた

村に陸軍対空機関砲部隊がやってきた
大和魂の兵隊さん、グラマンをぶち落すぞ
ぼくら子どもたちは、そう話しあった
だが、実際は日ごとに違ってきた
百姓たちは連日の空襲で野良仕事ができない
ぼくらも空襲で学校に行けない
見つかれば機銃掃射で殺されてしまう

村に機関砲が八門あったのに
機関砲の発射音を聞いたことがない
グラマンは毎日のようにくると言うのに
何故だ、ぼくは幾ら考えても分からん
その頃、米軍艦砲射撃で鉄橋の橋脚に被害
列車は片側路線を使い何とか動いた

超低空のグラマン、風防を開けやってくる
米兵操縦士の赤ら顔がよくみえた
ぼくは押入れにあった空気銃を持ちだす
庭の木陰から操縦士の顔をめがけて撃った
おふくろが防空壕からとび出してくる
むつつぎや、危ないからやめろ……
それでもぼくは夢中で引き金をひいた



テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

堂々たる証し  いだ・むつつぎ

堂々たる証し  いだ・むつつぎ

堂々たる証し いだ・むつつぎ  「京浜詩派 211号」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR