ものみなが消されていく街で  比嘉名 進 (京浜詩派216号より)

ものみなが消されていく街で  比嘉名 進


―この街に移り住んで すでに 三十六年
けれど この街では、人知れず
「シャッター通り」とか 呼ばれて
ものみなが 消えていく 場所が ある 

地域の「子どもらのために」と 
最後まで 意地を張り ついには 力尽きて  
この街を 離れて行った …世界一小ちゃな
“文具屋  ”の おばちゃん !
 
―この街に移り住んで すでに 三十六年
けれど この街では、人知れず
最初に姿を消していったのが 映画館 。 
そして 大きな お風呂やさん (=銭湯 !)
誰もが 気軽に立ち寄れた 喫茶店 。

次から次へと… その後も… 誰かによって 
しずかに 消されていった 小売店の数々がある!
愛想が 別品だった 花屋の おばさん。
一冊なのに すぐに届けてくれた 本屋のおじさん。 
冷蔵庫や テレビの 配達をする ついでに 
ちょっとした配線の知識を …子どもたちにも 、 
親切に教えてくれた 電気屋の おやじさん 。
この街きっての「世話役」で 話し好き、
夫婦仲の良さも抜群だった 床屋の おじさん 。

―この街に移り住んで すでに 三十六年
いつもと同じ 我が家への ちょっとした帰り道 
僕は ふと思い出す、「シャッター通り」の四つ角で 。

―この街に移り住んで すでに 三十六年
あの日々を生きた人々は 今も健やかだろうか?
あの日々を生き この街で育った わが家族
僕の息子たち …僕の娘… そして 僕の妻よ!

あの懐かしい日々よ 悔しいけれど さようなら
あの思い出をくれた みなさん―心から有り難う 。


テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

自分の言葉で伝えたい  比嘉名 進

自分の言葉で伝えたい  比嘉名 進

自分の言葉で伝えたい  比嘉名 進

自分の言葉で伝えたい  比嘉名 進

自分の言葉で伝えたい  比嘉名 進


自分の言葉で伝えたい 比嘉名 進  「京浜詩派 211号」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

平和枕 比嘉名進

平和枕 比嘉名進


京浜詩派206号より 「平和枕」 比嘉名進

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

横浜詩人会議

Author:横浜詩人会議
詩を書いて見ませんか?
こころの豊かさを願い、詩の作品にひかれるみなさん。あなたの感性で 暮らし 人生を語り 詩を書いて見ませんか?
掲載する詩誌は「京浜詩派」です。
連絡をお待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR